令和3年大本京都本苑7月月次祭

日 時:令和3年7月11日(日)

午前11時より

●月次祭 ●直会(原則持ち帰り)

参拝される方は下記の注意事項をご確認下さい。

〇祭典は置き献饌で執行します。

〇直会は原則持ち帰りとなります。

〇祭典時は三密を避け、マスクの着用をお願いします。

〇当日体温が37.5度以上ある方、体調が優れない方は参拝をご遠慮下さい。

ご案内

月次祭終了後、特任宣伝使による、み手代お取次ぎ、身の上相談を行ってます。受付にて申込書に必要事項をご記入の上お申し込み下さい。

今月の有り難いお言葉

人の想念は怖ろしいものであって、いろいろと根本的に影響を与えている。世の中をよくしようと思えば、想念が清らかにしなければならない。」

出口日出麿 著 「生きがいの創造」 より

各部・会 行事案内

本    苑

ローソク購入御礼

◎天声社のローソク特販キャンペーンにご協力有難うございました。ローソクは本苑に入荷していますので、ご購入された方は現品をお引き取り下さい。

◎「報身みろく神業 第3巻」入荷しています。

◎「出口紅作陶集」入荷しています。

直心会

直心会新旧支部長引継ぎ例会のご案

●当日時:7月25日(日)午前10時30分~

当番案内

7月の直会当番(5組)紫明 深草 船岡

7月のバザー当番(4組)旭ヶ丘 火吹水

祭務部

令和3年度7月月次祭当番のご案内

本苑月次祭の祭典準備は、前日は朝10時より。当日の集合時間は、祭典開始の2時間前の9時です。)

7月月次祭の担当機関

(準備)霊水支部 千本支部 紫明支部 

ご神書拝読:未定(選定中)

各部・会 行事報告

宣伝部

令和3年5月本苑月次祭報告

 5月9日、斎主 久次 信 本苑次長のも5月本苑月次祭を執行した。参拝者53名。

 祭典では斎主が「本苑月次祭祝詞並びに誕生祭祝詞」、「世界平和安全祈願祝詞並びに新型コロナウイルス早期終息祈願祝詞」を奏上した。祭典後、青年部の岡崎 晃 さんによるご神書拝読。その後栗田征扶本苑長が挨拶された。当日は新型コロナウイルスの感染拡大抑止の観点から置献饌により祭典時間を短縮し、直会は持ち帰りで運営した。

「全国愛善歌オンライン」奉納開催

5月4日、教主さまご就任20周年を慶祝し教主生誕祭祭典後、420人による「全国愛善歌オンライン」奉納が開催された。本苑からは次の11人が奉納した。

(奉納者)

九谷田優子 志田あさ子 藤堂栄一

藤堂正子 大八木咲良 藤島喜久美

守下輝美 松本晴子 松本さちえ 

松本絢捺 松本晴翔

令和3年6月・7月京都本苑行事予定

6月21日(月)短歌11時~

月25日(金)エスペラント

7月2日(金)謡曲

7月9日(金)茶道

月10日(土)茶道

7月11日(日)本苑月次祭

第72回 大本歌祭 献詠歌募集

投稿:1人3首まで

※200字詰め縦書き原稿用紙の本文1行目に献詠歌と書き、その下に都道府県名、氏名(ふりがな)を書く。各首ごとに1行空け、3首まで。

入花料:1,000円

発 表:8月6日

締 切:6月15日(火)必着

送付先:楽天社事務局 大本歌祭献詠歌係

●注意

①封筒裏面に、郵便番号、住所、氏名を明記

②献詠歌の用紙は、当日歌垣にお供えされるため清書すること。

大本青少年祭(オンライン)開催

第18回大本少年絵画コンクール 作品募集

テーマ 自由(※マンガ類はのぞく)

画 材 自由(絵の具、クレヨン、鉛筆など何でも可)

サイズ 540mm×380mmの画用紙

     縦・横どちらでも可 

展 示 8月6日~8日(大本青少年祭期間中)

応募資格 幼児から中学3年生まで

応募方法 大本誌6月号に同封されている案内チラシ下の応募用紙(LINEまつごころからもダウンロード可)に必要事項を明記の上、応募作品の裏に貼付し応募先まで郵送して下さい.

応募先 〒621-0851 

京都府亀岡市天恩郷        

大本青年部「第18回大本少年絵画コンクール」係

応募締切 令和3年7月15日(木)必着

発 表 受賞作品は8月8日にオンラインにて発表

※作品の返却は、青少年祭開催後、各機関の神の家へ郵送し返却、もしくは8月8日(青少年会終了後)に天恩郷にて手渡し。返却方法を応募用紙に記入して下さい。

※上記の本部案内は大本誌6月号より抜粋しています。詳細は大本誌をご覧ください。

出雲火のご用120年記念祭のお玉串を京都本苑にて受付けます。

お玉串

①出雲火のご用120周年記念

②出雲大本歌祭

③大本出雲本苑

④出雲大社

①~③は参拝記念品が下付されます。

記念品

 ①絵葉書 5枚組

 ②献詠歌集

 ③ 神素盞嗚尊神像のしおり

締 切 6月末日