短歌の案内

出口直日の芸術

悠々と遊ぶ大器

出口直日          

出口直日            明治35年〜平成2年 (1902〜1990)  大本三代教主。明治35(1902)年、王仁三郎・すみこ夫妻の長女として、綾部に生まれる。昭和3(1928)年、出口日出麿と結婚。「脚下照顧」 「言心行一致」を旨とした教風の確立を目指す。陶芸・書画・織物・短歌など日本伝統文化を重んじ、茶道・能楽などにも深い造詣を持つ。信仰即芸術即生活の 実践を説いた。著書に『私の手帖』『こころの帖』『寸葉集』『聴雪記』、歌集『ちり塚』『雲珠桜』など。道、短歌、書、画、能楽、日本舞踊、陶芸…。

出口直日は、多芸多才の人であった。それは、趣味としてたしなむというものではなく、多忙な日々を送りながらも真剣に打ち込むその姿は、大本の教えである「信仰 即 芸術 即 生活」の実践であった。

多くの文化人・有識者らがその芸術性、人間性に魅せられて居宅を訪れた。

陶芸の人間国宝・石黒宗麿は次のように評した。

「平凡と凡庸とは隣りあわせに存在する。
しかし、平凡にして凡庸ならざるものには、言いしれぬ深さと気高さがにじみ出てくる。
その人の本質、すなわち《人柄》と《心境》の高さが、作りあげていった《モノ》こそは、突飛な技巧など足もとにもおよばないものである。
私が直日さんの陶芸作品を高く評価している所以は、この点にある。
何気なく作られた作品の中に驚くべきものを発見することがしばしばある。直日さんの人間性の高さがそこに結晶されている。われわれはそれに頭を下げる」

「始めから悠々と遊ぶ大器の人である。何でも知っていて、その片鱗もひらめかさないし、高い教養を蔵しながら、深く沈潜して発せずという人である。
愛情を込めて作られる仕事の悦びは、上手とか下手とか常識ではきめられないものである」